醤油屋の「もろみ」



b0133299_22182324.jpg

先日、和歌山県の醤油発祥の地、湯浅町へ行ってきました。
父は地元の醤油屋さんが無くなってからずっと純粋のもろみを探していたらしく醤油屋の「角長」さんまで行ってみる事に。
パソコンで詳しい地図を調べてと頼まれ、説明しているうちに私の運転で行く事になり母と3人でGO!
いつも助手席に乗る父は忙しいのです。
「はい!ここ止まれ。」「はい!左OK~。」青信号に変わると「はい!オ~ライッ!」
^^無言の私の心中は「わかってます」「頭で見えへん」「なんで英語?・・・♪」(とても楽しい)
残念ながら今回は高速乗るので後部座席へお願いしました。


b0133299_2221112.jpg
b0133299_22231436.jpg

b0133299_2229515.jpg湯浅町は醤油発祥の地で昔は92件の醤油屋が建ち並んでいたそうです。

私達が目指していたお店は「角長」さん。有名ですね。
中に入ると昔のまま?柱や壁など皆真っ黒で良いツヤ、上に番傘。(ついて来てよかった♪)
「もろみ」を試食させて頂き、3人とも納得。
甘味も何も入っていない純粋な物なので貴重な有難い味がするんです。ほんと。

「もろみ」と,お正月の数の子用に「濁り醤(にごりびしお)」を買いました。                ↓
<麹が原料を分解する際に出る原液だそうです。>

角長
〒643-0004
和歌山県有田郡湯浅町湯浅7
http://www.kadocho.co.jp



b0133299_2322155.jpg

     家に帰り、早速ご飯にのせて・・・。

   
               ※


父が純粋なもろみに拘るのは「どろぼう」という料理を作ってもらう為でした。
大根を切って干した物と胡麻と和えるんです。
おいしいです。
by keygreece | 2009-12-16 14:57 | 美食
<< 金山時みそ 教室でもクリスマス。 >>